[Necron][WIP]ワセト王朝

 現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。
 まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。

概要


一般的に知られる概要


 ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。
 大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早い時期に従属を表明したことから、支配体制が大きく崩れずに続いていることが特徴。
 フェアロンたるアテンに率いられ、ソーテクの影響力拡張に寄与している。

真実


 ……というのが、通り一遍の理解であるが、内情は異なる。
 ワセト王朝のフェアロン、<神王>“その名を讃えよ”アテンは、完全に狂っており、自らを太陽神アテンと思い込んでいる。そのため、配下たちにも従属神やその信奉者としての振る舞いを要求している。
 その統治方針は気まぐれで(なぜなら、彼は全知の神であるから)、軍の兵員や物資の損耗を気にかけることもない(なぜなら彼は全能の神であるから)。
 大いなる眠りから目覚めてすぐに、宮廷家臣団は、主を正気に戻したり矯正したりすることは難しいと悟り、以前からの同盟相手であるソーテク王朝と相談の上、全面的な従属を約束した。
 その後、アテンはソーテク王朝からの指令を『神託』と受け取るようになり、ソーテクの緩やかな監視の下、銀河の再征服事業に勤しむこととなっている。


 そんな狂えるアテンを、AoSのデスとオーヴァーロードのキットからコンバージョンしました。
 持っている杖はアビサルスタッフ。

Iron Hands Lgeion Dreadnought Only Army


 40Kを始めてから、一度は作ってみたかった、「ドレッドノートだけのアーミー」を作ってます。
 現実的にはトループにドレッドノートが入ることはそこまで難しくなくとも、HQにドレッドノートが入るというのはなかなか難しく、40Kのブラッドエンジェルスか、Horus Heresyのサラマンダーズくらいしかありません。
 そして、そうしたマリーンたちでも、本当にドレッドノートだけというのは編成できなかったりします。1

 しかし、そこで気づいたのです。
 ターミネーターアーマーって、タクティカル・ドレッドノート・アーマーだよね、と。
 
 Horus HeresyにはFury of the Anceientsという箱型ドレッドノートかコンテンプター・ドレッドノートをトループにするRites of Warがあり、そのRites of Warで要求されるHQの面々は、いずれもターミネーターアーマー着用が可能です。
 ということで、どの兵団でも選べることとなり、ここはやっぱり機械大好きなIron Handsでいこう! となりました。
 もう少し増強するつもりですし、いずれ、個々のモデルについても紹介していきたいと思っています。


  1. ブラッドエンジェルス系ならば、ドロップポッドとドレッドノートのみという編成が可能 

新製品が続々と

Horus Heresy Weekender

https://www.warhammer-community.com/2017/02/04/warhammmer-community-team-liveblog/

https://www.warhammer-community.com/2017/02/04/warhammmer-community-team-liveblog/
この週末に、Horus Heresy weekenderなるイベントが開催されているようで、様々な新製品の情報がウォーハンマーコミュニティサイトにも掲載されています。
今回はそれをまとめてみたいと思います。
続きを読む

INFERNO

https://www.warhammer-community.com/2017/01/31/first-look-at-inferno/

https://www.warhammer-community.com/2017/01/31/first-look-at-inferno/

Campaign Book

BOOK ONE – BETRAYAL『背信』
BOOK TWO – MASSACRE『虐殺』
BOOK THREE – EXTERMINATION『絶滅』
BOOK FOUR – CONQUEST『征服』
BOOK FIVE – TEMPEST『嵐』
BOOK SIX – RETRIBUTION『応報』
――そして、BOOK SEVEN – INFERNO『地獄』
続きを読む

Warhammer40K&30Kで計画中・進行中のアーミー

所有アーミーについて、整理したいので、メモ代わりに記事を作ってみました。
Warhammer40K関連以外のゲームに関しては、ミニチュアゲームを一度休止した折にほとんど売り払ってしまった 1ので、ほぼ40KとHorus Heresyのみです。

続きを読む


  1. 特にPrivateer Press関連は全部お譲りした 

大逆の時来たり

 ミニチュアゲーム業界で、最近噂になっていた、Warhammer30Kことホルスの大逆時代を扱ったゲーム、「The Horus Heresy: Betrayal at Calth」の予約がついに始まりましたね。

Horus Hersy Betrayal at Calth
画像は、ゲームズワークショップ公式サイトから引用


 発売は来週14日らしいですが、直営店にいけばすでにモデルが並んでいるようです。

 Warhammer40Kの一万年前の時代、人類の帝国の大叛乱劇を扱うこのシリーズは、ゲームズワークショップ本体ではなく、フォージワールド部門が以前から展開していました。
 しかし、フォージは造形は抜群ですが、なにしろお高い。
 今回発売されたボックスの2万円超えがとてもお安く思えるくらい、お高いw
 
 そんなわけで、ホルスの大逆時代に興味はあったけれどなあという人にとっては特に注目の新製品なわけです。
 ええ、私も、早速予約しましたとも。
 出来ればもう一セット欲しいところですが、さすがに一気に二個買うのはためらわれるお値段なんですよねえ……。