Desperate Measures! その3-Armylist

 まず、前の記事の補足です。
 戦車中隊等の編成では、中隊司令部と同じ装備の戦車を配したCombat Platoonを最低一つは入れることという制限があることが多いようです。実際、Desperate Measuresの戦車戦闘団もそうです。(間に合わせの訓練部隊は、ばらばらでも可ですが)
 つまり、最低でも3~5輛程度は同じ戦車を入れないといけないのですね。
 このために、主力戦車云々と言っていたわけでした。

 さて、そんなわけで、ヘッツァーとV号のどちらを主力とするかについて、二つのパターンの1500pts編成を考えてみよう……と思ったのですが、編成をつらつら考えていて気づきました。
 『どうせなら両方入れればいいじゃないか』と。
続きを読む

Desperate Measures! その2-戦車で悩む

 さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。
 実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。

 前にも書いたように、かの『ソ連人民最大の敵』ことルーデルを編入できる編成は二つ。戦車戦闘団と、装甲擲弾兵戦闘団です。
 出来ることなら、そのどちらでもプレイできるようにしておきたいところなのですが、その場合主力戦車をどうするかが悩み所です。
続きを読む

Desperate Measures! その1-届いた

 Flames of Warのサプリメント、Desperate Measuresが先日届きました。

Desperate Measures!


 先に3版ルールを入手すべき1だという気もしたのですが、ハードカーバー版のルールにするか、ポケット版にするか悩んでいて、先にこっちを買ってしまいました。
 なんといっても、かのルーデルを編入できる編成が載ってるとなったら入手せずにはいられないでしょうw

続きを読む


  1. 自分が持っているのは2版ルールなので雰囲気がわかる程度