アサイド

kindle Paperwhiteを使ってみて

数日使ってみての感想など。

まず前提として、私は、基本的に小説を読むのに使っている。漫画は見開きがあるのでこの手のリーダーで読む気になれないのだ。あくまで活字中心の本を読むために使っているという前提で理解していただきたい。

1.電子書籍リーダーとして

Amazonで購入した電子書籍を読むのには、なんの不満も不足も無し。

wifi環境がない場合は面倒なこともあるかもしれないが、最悪USBでつないで転送という手もあるし、公衆無線LANスポットもあるので、そう問題にならないだろう。1

あえて5000円足して3G版を買う利点はあまり思いつかない。

2.自炊本のリーダーとして

これも読む分には、上々。変換の問題と、元の読み取りでの綺麗さなどはもちろんあるにしても、充分に使えるものだと感じる。

ただし、容量の問題はついて回る。

Amazonのクラウドを利用するにしても5Gまで。端末にはもっと少ない3Gまでしか入らない。Kindle本の容量を無視して自炊本だけ入れるとしても一度に入れられるのはせいぜいが100冊。実際には数十冊というところか。

数シリーズを一度に持ち歩けると考えれば充分だが、これだけで本棚を持ち出すという感覚までは難しい。

私自身は、あくまで管理はPCで行い、Kindleに適宜コピーするという感じで運用していこうと思っている。

3.総評

よい買い物であった。

なお、人によっては保持しにくい場合もあると思うので、取っ手付きケースなどは、有用かもしれない。


  1. Amazon以外で購入した場合は、最初の登録にwifi環境必須だが、Amazonで購入した場合すでに登録されているので、自宅にwifiがある必要は特にない。