現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。
まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。

概要

一般的に知られる概要

ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。
大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早い時期に従属を表明したことから、支配体制が大きく崩れずに続いていることが特徴。
フェアロンたるアテンに率いられ、ソーテクの影響力拡張に寄与している。

真実

……というのが、通り一遍の理解であるが、内情は異なる。
ワセト王朝のフェアロン、<神王>“その名を讃えよ”アテンは、完全に狂っており、自らを太陽神アテンと思い込んでいる。そのため、配下たちにも従属神やその信奉者としての振る舞いを要求している。
その統治方針は気まぐれで(なぜなら、彼は全知の神であるから)、軍の兵員や物資の損耗を気にかけることもない(なぜなら彼は全能の神であるから)。
大いなる眠りから目覚めてすぐに、宮廷家臣団は、主を正気に戻したり矯正したりすることは難しいと悟り、以前からの同盟相手であるソーテク王朝と相談の上、全面的な従属を約束した。
その後、アテンはソーテク王朝からの指令を『神託』と受け取るようになり、ソーテクの緩やかな監視の下、銀河の再征服事業に勤しむこととなっている。


そんな狂えるアテンを、AoSのデスとオーヴァーロードのキットからコンバージョンしました。
持っている杖はアビサルスタッフ。

関連記事

Desperate Measures! その2-戦車で悩む  さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。  実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。 ...
D&D NEXT D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、 D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。 ...
I am Alpharius  すっかりブログも放置してしまいした。  最近はなにをしていたかというと……。  こんなものを塗っていました。  GamesWorkshopのスペースマリーン30周年を記念した限定モデルです。  2016年の4月16、17日のみの販売(もしくは22,000円以上購入した場合に...
ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...