現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。
まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。

概要

一般的に知られる概要

ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。
大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早い時期に従属を表明したことから、支配体制が大きく崩れずに続いていることが特徴。
フェアロンたるアテンに率いられ、ソーテクの影響力拡張に寄与している。

真実

……というのが、通り一遍の理解であるが、内情は異なる。
ワセト王朝のフェアロン、<神王>“その名を讃えよ”アテンは、完全に狂っており、自らを太陽神アテンと思い込んでいる。そのため、配下たちにも従属神やその信奉者としての振る舞いを要求している。
その統治方針は気まぐれで(なぜなら、彼は全知の神であるから)、軍の兵員や物資の損耗を気にかけることもない(なぜなら彼は全能の神であるから)。
大いなる眠りから目覚めてすぐに、宮廷家臣団は、主を正気に戻したり矯正したりすることは難しいと悟り、以前からの同盟相手であるソーテク王朝と相談の上、全面的な従属を約束した。
その後、アテンはソーテク王朝からの指令を『神託』と受け取るようになり、ソーテクの緩やかな監視の下、銀河の再征服事業に勤しむこととなっている。


そんな狂えるアテンを、AoSのデスとオーヴァーロードのキットからコンバージョンしました。
持っている杖はアビサルスタッフ。

関連記事

ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...
Flames of War インテリジェンスブックまとめ...  Flames of Warのデジタルアプリが最終調整段階に入っているようです。(Android版はまだだけど……)  すでに出版されている本や、デジタル独自のコンテンツが楽しめるもののようで、使い勝手がいいものだといいなと思っています。  さて、そのデジタルアプリでばんばん本を買ってしまう...
13th Age その2  13th AgeのCoreルールをざっと読んだので、その内容について。 これは、英雄の物語である。  13th Ageを用いて行われるキャンペーンにつくであろう煽り文を考えてみれば、このようになることでしょう。  13th Ageは、d20系のレベル・クラス制のシステムですが、レ...