M4A3(late)プラボックスを組み立てました。

 ボックスの内容物は以下の通り。
M4A3Box
 元はランナー二枚とデカールなどのはずなんですけど、片方のランナーはばらされて、履帯部分などは別の袋にまとまった状態で入っていました。
 おそらくは、ボックスに入れるのにばらす必要があるのでしょう。

 公式サイトの組み立てガイドは、ランナーがばらされていない状態での解説なので、元の場所を考えつつパーツを切り出さないといけないのが少しだけ面倒でしたw

 さて、このボックスは基本的にはM4A3後期型のボックスなのですが、色々とオプションがあって、増加装甲バージョンや対空機関銃の増設などバリエーションをつけられます。
 その中でも砲塔が二種類入っているのは大きいでしょう。

 パーツ的には、76mm砲塔と75mm砲塔の両方を作ることが出来ます。75mm砲塔のほうは、砲身と防盾を変更して105mm榴弾砲の砲塔とすることも出来ますので、三種類の砲塔を作ることが出来るわけですね。
 私は、
  76mm x5
  75mm x2
  105mm x3
 という組み合わせで作りました。

 なお、砲塔を車台にとめるためのピンも合計で10個ついてますので、公式的にも砲塔を使い分けることを想定しているつくりです。
 その代わり、レジン製品には同梱されているマグネットはありません。
M4A3assemble
(画像は公式サイトのピンの説明)

 そうして、組み立てたのがこちら。
M4A3

 増加装甲はつけず、シンプルに組んでます。装甲増加や機関銃、ドーザーブレード追加が、ゲーム的にポイントと見あわないように思えたもので……。

 ともあれ、これで以前のM26と合わせてそれなりの数が組めたので、一気に塗装してやろうと思っております。

関連記事

Bundle of HoldingでScion Bundleを買った Bundle of HoldingでScionのBundleセールが行われていたので、購入。 Bundle of Holdingとは  PDF形態の、TPRGのルールやサプリメントをセットにしてセールを行っているサイトです。  といってもいつでもやっているわけでもなく、特定のセットを数日間セー...
Desperate Measures! その2-戦車で悩む  さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。  実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。 ...
D&D NEXT D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、 D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。 ...
13th Age その1  13th Age in Gloranthaのプロジェクトが発表されたことは先に書きましたが、そもそも『13th Age』とはなんなのか。  何回かにわけて、書いていきたいと思います。 まずは情報収集  13th Ageがどんなゲームなのかということを、ネットで検索してみると……。...