M4A3(late)プラボックスを組み立てました。

 ボックスの内容物は以下の通り。
M4A3Box
 元はランナー二枚とデカールなどのはずなんですけど、片方のランナーはばらされて、履帯部分などは別の袋にまとまった状態で入っていました。
 おそらくは、ボックスに入れるのにばらす必要があるのでしょう。

 公式サイトの組み立てガイドは、ランナーがばらされていない状態での解説なので、元の場所を考えつつパーツを切り出さないといけないのが少しだけ面倒でしたw

 さて、このボックスは基本的にはM4A3後期型のボックスなのですが、色々とオプションがあって、増加装甲バージョンや対空機関銃の増設などバリエーションをつけられます。
 その中でも砲塔が二種類入っているのは大きいでしょう。

 パーツ的には、76mm砲塔と75mm砲塔の両方を作ることが出来ます。75mm砲塔のほうは、砲身と防盾を変更して105mm榴弾砲の砲塔とすることも出来ますので、三種類の砲塔を作ることが出来るわけですね。
 私は、
  76mm x5
  75mm x2
  105mm x3
 という組み合わせで作りました。

 なお、砲塔を車台にとめるためのピンも合計で10個ついてますので、公式的にも砲塔を使い分けることを想定しているつくりです。
 その代わり、レジン製品には同梱されているマグネットはありません。
M4A3assemble
(画像は公式サイトのピンの説明)

 そうして、組み立てたのがこちら。
M4A3

 増加装甲はつけず、シンプルに組んでます。装甲増加や機関銃、ドーザーブレード追加が、ゲーム的にポイントと見あわないように思えたもので……。

 ともあれ、これで以前のM26と合わせてそれなりの数が組めたので、一気に塗装してやろうと思っております。

関連記事

ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...
ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
TORG&PARANOIA いやあ、いい時代になりました……。 そろそろ公開して良くなったので、告知しておきます。『トーグ』の再翻訳と出版が決りました。翻訳も終わって、調整に入ったところです。 #torg #trpg — 山北篤 (@Gheser) 2014, 6月 23 新刊案内ってどう出すんじゃろって...
D&D NEXT D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、 D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。 ...