ついにWarhammer 40,000の9版ルールが封入されたボックスセットであるインドミトゥスが発売されました。

私も日本語版と英語版をひとつずつ購入し、開封してみたのですが、

  • 全てのルールが含まれるコアブックが日本語化されている。
  • スナップフィットの合いがよい。
  • ベースに位置決め用の穴があり、便利。

と、かなり好感触です。

新しいルールとそれを用いたゲームについてはまだこれからになりますが、現状で楽しくてしょうがない状況です。

新ユニットや新コデックスも発表されてますし、これからも楽しみですね。

プライマリスチャプレインをブラッドエンジェル仕様にキットバッシュ。
こちらもブラッドエンジェルのジュディシア

関連記事

ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
大逆の時来たり  ミニチュアゲーム業界で、最近噂になっていた、Warhammer30Kことホルスの大逆時代を扱ったゲーム、「The Horus Heresy: Betrayal at Calth」の予約がついに始まりましたね。 画像は、ゲームズワークショップ公式サイトから引用  発売は来週14日らし...
エクソシスト戦団2000pts Brigade Detachment これで作っていく予定。 body.battlescribe { margin: 0px; padding: 0px; border-width: 0px; ...
ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...