Taurox

概要



Tauroxは、一般的に用いられる兵員輸送車輛であるChimeraに堅牢さでは負けるものの、帝国防衛軍における最速の陸上輸送車両 ((Centaurより速いということであろうか。具体的な数値が出ていないため、比較不可能。))であり、敵の戦列の間隙を突いたり、帝国軍が空けた突破口に突撃し、激しい打撃を与えるような運用方法を想定されている。
Tauroxは、ベテランスカッドや、スペシャルウェポンスカッドなどの輸送に割り当てられることも多い。

Taurox


Tauroxは軽装甲の車輛であるが、打撃力の面ではオートキャノンを装備可能である。兵員を輸送した後には、その場にとどまり部隊に火力支援を行うことも、戦場の別の場所に急行し、部隊に追い立てられた敵兵を始末することもできる。
また、四つの履帯を組み合わせた推進機構の踏破能力は高く、通常なら通過不可能と思われるような地帯を強行突破しての襲撃などは、理想的な反撃の手段となる。
こうした非常に高い不整地踏破特性から、Tauroxは偵察や着弾観測等にも用いられる。

Taurox Prime


Militarum Tempestusのために用いられるTaurox Primeは、Tauroxの特性に加えて、その兵員室が加圧状態となっており、また、履帯にはエンジンから磁力が供給されている。このため、無重力環境下での活動が可能となり、垂直の壁面を登ることもできる。
Taurox Primeの武装は多様なもので、バトルキャノン、ガトリング、ミサイルのいずれかを搭載可能であり、エリート集団であるMilitarum Tempestusにとって理想的な兵員輸送車輌となっている。

諸元

現在、詳細なデータについては公表されていない。
輸送可能人数は10名である。

モデル

Taurox及びTaurox Primeは、現在Games Workshopからプラスチックモデルが製品化されて販売継続中である。

関連記事

帝国諸軍の軍用車輌 第1回 -Tauros- Tauros 装軌車両と装輪車両 帝国軍の軍用車両として装輪(ホイール・タイヤ履き)車両を見ることはまずない。 ジーンスティーラーカルトが武装化して用いているGoliath Truckの例を見る限り、帝国領内において、民生品として装輪車両が用いられていることに疑いはない。 また、惑星探査の任に...
大逆の時来たり  ミニチュアゲーム業界で、最近噂になっていた、Warhammer30Kことホルスの大逆時代を扱ったゲーム、「The Horus Heresy: Betrayal at Calth」の予約がついに始まりましたね。 画像は、ゲームズワークショップ公式サイトから引用  発売は来週14日らし...
ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
ワセト王朝 現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。 まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要 ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。 大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早...