すっかりブログも放置してしまいした。

 最近はなにをしていたかというと……。

30thM003

 こんなものを塗っていました。
 GamesWorkshopのスペースマリーン30周年を記念した限定モデルです。
 2016年の4月16、17日のみの販売(もしくは22,000円以上購入した場合にはおまけにつく)というものでした。
 30年前のオリジナルマリーンを現在のデザインでリファインしたものです。

 私はこれをウルトラマリーンカラーで塗装しました。
 ただし……。

30thM002

 このショルダーアーマーのマークでもわかるとおり、本来のウルトラマリーンではなく、『ウルトラマリーンに偽装したアルファリージョン』です。
 彼らはいかにもウルトラマリーンであるかのように振る舞い、帝国臣民をじわじわと侵食していくのです。

 ちなみに、今回アルファリージョンにしたのは、現在制作中のレネゲイドアーミーの一環です。
 昔の(Imperial Armour5)レネゲイドアーミーリストでは、アルファリージョンを1部隊だけエリートとして編入することが出来ました。
 この部隊はロイヤリストとして惑星に浸透してきたと明記されていて、モデルも一般のマリーンをアルファリージョンカラーで塗れと指示されていたくらいです。
(現状のルールでは、同盟として再現することになるでしょう)

 そんなわけで、ウルトラマリーンとして人々の意識に入り込み、帝国への叛乱を起こさせる恐るべき暗躍者の一員としてこのモデルを作ってみたのでした。

I am Alpharius.
I AM ALPHARIUS.
We are all Alpharius.
We are Alpha Legion, and we are all one.

Dan Abnett著『Legion』より

関連記事

帝国諸軍の軍用車輌 第1回 -Tauros- Tauros 装軌車両と装輪車両 帝国軍の軍用車両として装輪(ホイール・タイヤ履き)車両を見ることはまずない。 ジーンスティーラーカルトが武装化して用いているGoliath Truckの例を見る限り、帝国領内において、民生品として装輪車両が用いられていることに疑いはない。 また、惑星探査の任に...
Iron Hands Lgeion Dreadnought Only Army 40Kを始めてから、一度は作ってみたかった、「ドレッドノートだけのアーミー」を作ってます。 現実的にはトループにドレッドノートが入ることはそこまで難しくなくとも、HQにドレッドノートが入るというのはなかなか難しく、40Kのブラッドエンジェルスか、Horus Heresyのサラマンダーズくらいしかあ...
久しぶりのミニチュア:M4A1小隊  Flames of Warのスターター二版に入っていた、米M4A1小隊、一応の完成。 久々のミニチュア  数年ぶりのミニチュア塗装でしたが、15mmサイズの小さな車輛なので、そこまで大変ってことはなかった気がします。作るための道具も残ってましたしね。  とはいえ、さすがに塗料は使...
ワセト王朝 現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。 まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要 ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。 大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早...