INFERNO

https://www.warhammer-community.com/2017/01/31/first-look-at-inferno/

https://www.warhammer-community.com/2017/01/31/first-look-at-inferno/

Campaign Book

BOOK ONE – BETRAYAL『背信』
BOOK TWO – MASSACRE『虐殺』
BOOK THREE – EXTERMINATION『絶滅』
BOOK FOUR – CONQUEST『征服』
BOOK FIVE – TEMPEST『嵐』
BOOK SIX – RETRIBUTION『応報』
――そして、BOOK SEVEN – INFERNO『地獄』

フォージワールドのHorus Heresyキャンペーンブック第七巻が、この二月に発売されます。
以前から噂されていた話ではありますが、ウォーハンマーコミュニティサイトでも徐々に情報が出てきています。
それによると、このキャンペーンブックは、惑星プロスペローでの戦いを取り扱うもののようで、これまでにHorus Heresyシリーズ1で描かれてきた物語の、帝国側からの記録を読むことができるとか。

この戦いのメインであるSpace WolvesとThousand SonsのHorus Heresy時代のデータが出てくるのはもちろんのこと、Legio CustodesやSisiters of Silenceなどを含むTalons of the Emperorや、これまであまり知られていないEmissaries of the Warmasterと呼ばれるアーミーなどが収録されているそうです。
加えて、しばらく前に発売されたPorphyrionなども収録されるはずです。

Talons of the Emperorはその名前や含まれる面々からして、カストーデスやシスターなど近衛たる精鋭を皇帝が派遣するというアーミーでしょう。
最近、カストーデスのモデルがフォージワールドでいくつかリリースされていますが、これらはこのTalons of Emperorアーミーのためのものでしょう。

Emissaries of the Warmasterは、まだその実態がわかりませんが、ホルス直属の部隊なのでしょうか。あまりよく知られていないということから、あるいは特殊部隊のようなものかも……などと想像が膨らみます。

いずれにしても、INFERNOは名前の通りすさまじい内容になりそうです。
発売がいまから楽しみですね。

参考

参考にここのところフォージワールドでリリースされているカストーデスモデルを紹介しておきます。

LEGIO CUSTODES CALADIUS GRAV-TANK


https://www.forgeworld.co.uk/en-JP/Legio-Custodes-Caladius-Grav-Tank
現状、データがPDFで公開されている唯一のビークル。
ヘヴィ枠に入る飛行戦車。

LEGIO CUSTODES PALLAS GRAV-ATTACK


https://www.forgeworld.co.uk/en-JP/Legio-Custodes-Pallas-Grav-attack
小型飛行戦車。データがないのでわからないが、ファストアタック枠か?

LEGIO CUSTODES CORONUS GRAV-CARRIER


https://www.forgeworld.co.uk/en-JP/Legio-Custodes-Coronus-Grav-carrier
輸送ビークル。そこそこの武装を持っている様子。

LEGIO CUSTODES CONTEMPTOR-GALATUS DREADNOUGHT


https://www.forgeworld.co.uk/en-JP/Legio-Custodes-Contemptor-Galatus-Dreadnought
黄金のコンテンプター。なお、イベントでは既に武装が槍タイプのコンテンプターも発表されている。

ちなみに、グラブタンクやグラブキャリアーは、プラ製のカストーディアンたちとのセット販売もあります。

関連記事

M26とT26E4  FoWのパーシング小隊ボックスを組み立てました。  こんなランナーが入ってます。  T26E4スーパーパーシングの砲塔や追加装甲も入っているので、パーシングかスーパーパーシングか、どちらかを選んで組み立てられます。  残念ながら、両方の砲塔を組み立てておいて付け替えというのは、部品が共通...
ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...
Bridge At Remagen  Flames of Warのインテリジェンスブック、Bridge At Remagenがしばらく前に届いていたので、載っている米独両軍のアーミーについて書いておこうと思います。    タイトルとしては、ライン川にかかるルーデンドルフ鉄橋 ((レマーゲンとエルベルを結び、当時無傷で残...
Desperate Measures! その2-戦車で悩む  さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。  実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。 ...

  1. Black libraryの小説シリーズ