Flames of Warのスターター二版に入っていた、米M4A1小隊、一応の完成。
M4A1_1

M4A1_2

久々のミニチュア

 数年ぶりのミニチュア塗装でしたが、15mmサイズの小さな車輛なので、そこまで大変ってことはなかった気がします。作るための道具も残ってましたしね。
 とはいえ、さすがに塗料は使えなくなっていたので、まとめて買いそろえる必要があり、面倒でしたかね。
 ただ、今回は筆で塗ることが出来るファレホプライマーが使えたのが、助かりました。環境的に、スプレーで吹くのは大変なので……。
 匂いも(他の塗料に比べれば)ほとんど気にならないレベルですし、乾くのも遅いわけではないので、便利です。
 さすがに同じ所の製品なので、ファレホカラーの乗りはよく、さくさくいけました。
 今回はブラックのプライマーを使ったのですが、実はジャーマンダークイエローとか、オリーブドラブのプライマーもあるようなので、そちらの導入も考慮に入れてもいいかも。

まだ完成とは言い難い

 最初に、一応の完成と書いたのは、このキット(といっても、砲を接着するだけのお手軽キットですが)にはデカールが付属していないので、米軍戦車に特徴的なホワイトスターを表現できていないからですね。

 幸いにも、フュリアス グローリーさんに注文していた増援が届いたので、この中のM4A3やパーシングを作ったあまりのデカールを流用しようと思っております。
reinforce1029
 実はこの増援だけで、米軍は1500pts近く行きます。
 独軍もいかないことはないけど、パンターばっかりだと、ゲーム的には動きづらいかもしれません。

関連記事

13th Age その1  13th Age in Gloranthaのプロジェクトが発表されたことは先に書きましたが、そもそも『13th Age』とはなんなのか。  何回かにわけて、書いていきたいと思います。 まずは情報収集  13th Ageがどんなゲームなのかということを、ネットで検索してみると……。...
I am Alpharius  すっかりブログも放置してしまいした。  最近はなにをしていたかというと……。  こんなものを塗っていました。  GamesWorkshopのスペースマリーン30周年を記念した限定モデルです。  2016年の4月16、17日のみの販売(もしくは22,000円以上購入した場合に...
ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
TORG&PARANOIA いやあ、いい時代になりました……。 そろそろ公開して良くなったので、告知しておきます。『トーグ』の再翻訳と出版が決りました。翻訳も終わって、調整に入ったところです。 #torg #trpg — 山北篤 (@Gheser) 2014, 6月 23 新刊案内ってどう出すんじゃろって...