FoWのパーシング小隊ボックスを組み立てました。
 こんなランナーが入ってます。
M26Box
 T26E4スーパーパーシングの砲塔や追加装甲も入っているので、パーシングかスーパーパーシングか、どちらかを選んで組み立てられます。
 残念ながら、両方の砲塔を組み立てておいて付け替えというのは、部品が共通しているところがあるために無理。

 ボックスには説明書などは入っていませんが、公式サイトに組み立てガイドがあるので、組み立てるのに迷ったりしなくて済みます。
 そうして、組み立てたのがこちら。
M26-01
 いやー、スーパーパーシングの砲身長いですなー。
 パンターからはぎとった装甲で増装してるあたりも素敵。
 でも、パーシングもさすが重戦車の迫力ですよね。

M26-02
 それでも(ミニチュア業界では、わかりやすいであろうサイズの)40Kと比較すればこんなものなんですが。

 塗装は、M4A3も組み立ててからかなー。

関連記事

Kingdom Death : Monster1.5キックスターター終了まで24時間を切りました... 24時間を切りました!  KD:Mキックスターター、ついに24時間を切り、なんと1000万ドルを突破しています。  ミニチュアボードゲームとしてはとんでもない規模のプロジェクトになっています。  それに伴い、しばらく前からキャンペーンのトップに公式作成のPledge Guideや、有志作成...
蓬莱学園の冒険 蓬莱学園の冒険のTRPG基本セットが、(Jコミ改め)絶版マンガ図書館で公開されましたね。 #絶版マンガ図書館 『蓬莱学園の冒険!!』 http://t.co/2Uyd47fmU1 ★伝説的なTRPGの名作が登場です。今回は著者不明のイラストを全て削除してあり、PDF化も延期しました(今後検討し...
Desperate Measures! その2-戦車で悩む  さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。  実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。 ...
ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...