M26とT26E4

 FoWのパーシング小隊ボックスを組み立てました。
 こんなランナーが入ってます。
M26Box
 T26E4スーパーパーシングの砲塔や追加装甲も入っているので、パーシングかスーパーパーシングか、どちらかを選んで組み立てられます。
 残念ながら、両方の砲塔を組み立てておいて付け替えというのは、部品が共通しているところがあるために無理。

 ボックスには説明書などは入っていませんが、公式サイトに組み立てガイドがあるので、組み立てるのに迷ったりしなくて済みます。
 そうして、組み立てたのがこちら。
M26-01
 いやー、スーパーパーシングの砲身長いですなー。
 パンターからはぎとった装甲で増装してるあたりも素敵。
 でも、パーシングもさすが重戦車の迫力ですよね。

M26-02
 それでも(ミニチュア業界では、わかりやすいであろうサイズの)40Kと比較すればこんなものなんですが。

 塗装は、M4A3も組み立ててからかなー。

関連記事

Glorantha:The Gods War  現在アメリカでは、GenCon1開催中なので、新作の発表やら現在進行中のゲームのプレイテストやら、色々と情報が飛び交っている状況です。  TRPGやミニチュアゲームやボードゲームも含めた趣味人は、同じく開催中のコミケとあわせて、わーっと...
Desperate Measures! その2-戦車で悩む  さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。  実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。 ...
Bridge At Remagen  Flames of Warのインテリジェンスブック、Bridge At Remagenがしばらく前に届いていたので、載っている米独両軍のアーミーについて書いておこうと思います。    タイトルとしては、ライン川にかかるルーデンドルフ鉄橋 ((レマーゲンとエルベルを結び、当時無傷で残...
Flames of War インテリジェンスブックまとめ...  Flames of Warのデジタルアプリが最終調整段階に入っているようです。(Android版はまだだけど……)  すでに出版されている本や、デジタル独自のコンテンツが楽しめるもののようで、使い勝手がいいものだといいなと思っています。  さて、そのデジタルアプリでばんばん本を買ってしまう...

  1. アメリカ最大級のテーブルトップゲームのコンベンション