Flames of War

 13th Age in Gloranthaのkickstarterがなかなか始まらないので、ここ最近の部屋の整理で発掘されたミニチュアゲーム関連をメモ代わりに。

 今回は、1/100スケールの戦術級ヒストリカルゲーム、Flames of Warを。

FoW001
左:2版のスタートセットOpen Fire!
右:Micheal Wittmann

FoW002
インテリジェンスブック(っていうんだっけ?)二冊。こちらも2版。

 Flames of Warは、私がミニチュアゲームを休止する直前の時期に、始めてみようかなーと集め始めたところだったので、結局まだ遊べていないゲームです。

 写真のものはいずれも2版のものですが、現在は版が上がって3版になっています。
 3版のスタートセットも同名のOpen Fire!というのが出ていますね。3版はセット自体大きくなり、歩兵も入ってバランス良く800pt戦が遊べるようになったらしいんですが、2版のスタートセットはⅢ突Gが2輛、シャーマン3輛という思い切った構成です。

 ヴィットマンは言わずと知れたティーガーエースですね。
MV
 この写真とか有名かと思います。

 ただ、買ってから気づいたんですが、彼を編成に組み込もうとするのは、普通のゲーム規模じゃ難しいんですよね。
 普通に遊ばれるのは1500ptとかなのですが、ヴィットマン+ティーガー4輛という、編成に最低限必要な部隊入れただけで、1300pt超えるんですよねぇ。
 おそらくこれは3版になってもそう大きくは変わっていないでしょうから、彼を中心に編成組むのはなかなか難しいでしょうね。

 ティーガー5輛と自走対空砲3輛のみで1500ptとかも面白そうではありますが……w

 あるいは、ヴィットマンモデルだけど、ただのティーガーだよってことで助っ人に行かせるのがいいのかもしれませんね。

 まあ、ミニチュアゲームに復帰するには色々とまだ問題があるので、実際にゲームをするのは、そのあたりを解決してからになるでしょうが、いずれゲームを出来るように組み立てて塗装するのはしておきたいところです。
 ファンタジーものやSFものと違って、モデルが大きく変わることはまずないので、置いておいてもいずれ使えるはずですからね!w

関連記事

パラノイアはサプリメントも出る模様... 以前にもお伝えしたパラノイア日本語版は、7月末までの段階で予約が1100部を超えた模様。 なおパラノイア日本語版は、7/31までに計1100冊の御予約をいただきました。改めまして、御予約いただいた皆様に心より御礼申し上げます。発売に向け制作に全力を尽くします。またサプリメントにつきましても、何...
Desperate Measures! その3-Armylist  まず、前の記事の補足です。  戦車中隊等の編成では、中隊司令部と同じ装備の戦車を配したCombat Platoonを最低一つは入れることという制限があることが多いようです。実際、Desperate Measuresの戦車戦闘団もそうです。(間に合わせの訓練部隊は、ばらばらでも可ですが)  つま...
13th Age その1  13th Age in Gloranthaのプロジェクトが発表されたことは先に書きましたが、そもそも『13th Age』とはなんなのか。  何回かにわけて、書いていきたいと思います。 まずは情報収集  13th Ageがどんなゲームなのかということを、ネットで検索してみると……。...
久しぶりのミニチュア:M4A1小隊  Flames of Warのスターター二版に入っていた、米M4A1小隊、一応の完成。 久々のミニチュア  数年ぶりのミニチュア塗装でしたが、15mmサイズの小さな車輛なので、そこまで大変ってことはなかった気がします。作るための道具も残ってましたしね。  とはいえ、さすがに塗料は使...