40Kを始めてから、一度は作ってみたかった、「ドレッドノートだけのアーミー」を作ってます。
現実的にはトループにドレッドノートが入ることはそこまで難しくなくとも、HQにドレッドノートが入るというのはなかなか難しく、40Kのブラッドエンジェルスか、Horus Heresyのサラマンダーズくらいしかありません。
そして、そうしたマリーンたちでも、本当にドレッドノートだけというのは編成できなかったりします。 ((ブラッドエンジェルス系ならば、ドロップポッドとドレッドノートのみという編成が可能))

しかし、そこで気づいたのです。
ターミネーターアーマーって、タクティカル・ドレッドノート・アーマーだよね、と。

Horus HeresyにはFury of the Anceientsという箱型ドレッドノートかコンテンプター・ドレッドノートをトループにするRites of Warがあり、そのRites of Warで要求されるHQの面々は、いずれもターミネーターアーマー着用が可能です。
ということで、どの兵団でも選べることとなり、ここはやっぱり機械大好きなIron Handsでいこう! となりました。
もう少し増強するつもりですし、いずれ、個々のモデルについても紹介していきたいと思っています。

関連記事

INFERNO https://www.warhammer-community.com/2017/01/31/first-look-at-inferno/ Campaign Book BOOK ONE - BETRAYAL『背信』 BOOK TWO - MASSACRE『虐殺』 BOOK THREE -...
Desperate Measures! その1-届いた  Flames of Warのサプリメント、Desperate Measuresが先日届きました。 Desperate Measures!  先に3版ルールを入手すべき ((自分が持っているのは2版ルールなので雰囲気がわかる程度))だという気もしたのですが、ハードカーバー版のルールにするか、...
新製品が続々と Horus Heresy Weekender https://www.warhammer-community.com/2017/02/04/warhammmer-community-team-liveblog/ この週末に、Horus Heresy weekenderなるイベントが開催されて...
D&D NEXT D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、 D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。 ...