40Kを始めてから、一度は作ってみたかった、「ドレッドノートだけのアーミー」を作ってます。
現実的にはトループにドレッドノートが入ることはそこまで難しくなくとも、HQにドレッドノートが入るというのはなかなか難しく、40Kのブラッドエンジェルスか、Horus Heresyのサラマンダーズくらいしかありません。
そして、そうしたマリーンたちでも、本当にドレッドノートだけというのは編成できなかったりします。 ((ブラッドエンジェルス系ならば、ドロップポッドとドレッドノートのみという編成が可能))

しかし、そこで気づいたのです。
ターミネーターアーマーって、タクティカル・ドレッドノート・アーマーだよね、と。

Horus HeresyにはFury of the Anceientsという箱型ドレッドノートかコンテンプター・ドレッドノートをトループにするRites of Warがあり、そのRites of Warで要求されるHQの面々は、いずれもターミネーターアーマー着用が可能です。
ということで、どの兵団でも選べることとなり、ここはやっぱり機械大好きなIron Handsでいこう! となりました。
もう少し増強するつもりですし、いずれ、個々のモデルについても紹介していきたいと思っています。

関連記事

ランドレイダーとその派生車輌 その1―歴史的変遷―... 概要  Warhammer40K世界で、Adeptus Astartes(あるいはスペースマリーン)の堅牢なる移動要塞として知られるLand Raider。  ずいぶんと昔は、クルセイダー型も入るチャプターが限定されていたりして、ほぼ素のLand Raiderだけ知っていれば済んだのですが、最近...
M26とT26E4  FoWのパーシング小隊ボックスを組み立てました。  こんなランナーが入ってます。  T26E4スーパーパーシングの砲塔や追加装甲も入っているので、パーシングかスーパーパーシングか、どちらかを選んで組み立てられます。  残念ながら、両方の砲塔を組み立てておいて付け替えというのは、部品が共通...
久しぶりのミニチュア:M4A1小隊  Flames of Warのスターター二版に入っていた、米M4A1小隊、一応の完成。 久々のミニチュア  数年ぶりのミニチュア塗装でしたが、15mmサイズの小さな車輛なので、そこまで大変ってことはなかった気がします。作るための道具も残ってましたしね。  とはいえ、さすがに塗料は使...
ワセト王朝 現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。 まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要 ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。 大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早...