Desperate Measures! その2-戦車で悩む

 さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。
 実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。

 前にも書いたように、かの『ソ連人民最大の敵』ことルーデルを編入できる編成は二つ。戦車戦闘団と、装甲擲弾兵戦闘団です。
 出来ることなら、そのどちらでもプレイできるようにしておきたいところなのですが、その場合主力戦車をどうするかが悩み所です。

 というのも、この戦車戦闘団の編成表だと、必須のCombat Platoonに編入できる戦車は以下のようになります。

  • Panther G
  • Jagdpanther
  • PanzerIV J
  • JapgpanzerIV
  • IV/70(A)
  • IV/70(V)
  • StuG G
  • Hetzer

 この中で、回転砲塔を持つ戦車はIV号とV号(Panther)のみ。他は全て固定砲です。
 駆逐戦車はドイツの特徴でもありますし、戦車が足りない戦線で駆逐戦車を戦車として使うしかないというのも、戦況を考えればいたしかたないところでしょう。
 実戦でもゲームでも砲塔を回転できないというのは不利な要素ではありますが、そこは移動に注意することでなんとか運用できるかと思います。1

 この中で、IV号戦車と、IV号駆逐戦車、III突G、ヘッツァー、がほぼ同じポイント帯、IV/70(A)、IV/70(V)がその1.5倍程度、V号が2倍、Jagdpantherが2.5倍となっています。

 まず、Jagdpantherは論外ですね。主力として使うにはポイントが重すぎで、8.8cmの火力も過剰です。こういうのは主力ではなく助っ人として呼びたいです。

 IV号はまさにワークホースですが、ゲーム的にヘッツァーより低い正面装甲はいかにも頼りないところ。
 IV号駆逐戦車とIII突Gはゲーム的には同じ能力で、IV号よりわずかにポイントが高く、正面装甲が厚くなっています。
 これらを使う場合、数で押すやり方になるでしょうから、側面は少々弱くてもポイントが低いヘッツァーが適しているように思います。

 IV/70(A)、IV/70(V)は火力もあり、装甲もあるのですが、Slow Tankなのが残念なところ。他の2/3の速度というのをどう考えるかですが、個人的にはスピードは重視したいです。

 というようなことを考えると、ポイントも高いけれど火力も装甲も充分なV号戦車か、ポイントの安さを生かして数で押せるヘッツァーのどちらかかなと。

 うーむ……。悩みます。
 そんなわけで、次は、目標となる1500ptsの編成をヘッツァーとV号で両方考えてみて比較してみようと思います。

 そういえば、V号とヘッツァーに関しては、ドイツの戦車博物館で、過去に実物を見てきました。

 その時に撮影したヘッツァー
Hetzer2008
 V号戦車
Panther2008

 ゲームから離れて、実際にどちらに乗って戦場にいきたいかと言われたら、V号ですかねえw

関連記事

ワセト王朝  現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。  まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要  ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。  大いなる眠りにつく以前からの同...
13th Age その2  13th AgeのCoreルールをざっと読んだので、その内容について。 これは、英雄の物語である。  13th Ageを用いて行われるキャンペーンにつくであろう煽り文を考えてみれば、このようになることでしょう。  13th Ageは、d20系のレベル・クラス制のシステムですが、レ...
ランドレイダーとその派生車輌 その2―派生型―... 派生車輌  今回は、ランドレイダーの派生車輌を紹介。  ただし、異端審問局や技術局等で用いられるものは今回は扱いません。 LAND RAIDER CRUSADER  ラスキャノンに必要とされる大出力プラズマ発生器を撤去し、その空間も輸送用にすることで、輸送可能人数を増やした突撃車輌と...
蓬莱学園の冒険 蓬莱学園の冒険のTRPG基本セットが、(Jコミ改め)絶版マンガ図書館で公開されましたね。 #絶版マンガ図書館 『蓬莱学園の冒険!!』 http://t.co/2Uyd47fmU1 ★伝説的なTRPGの名作が登場です。今回は著者不明のイラストを全て削除してあり、PDF化も延期しました(今後検討し...

  1. この手のゲームでは神の視点で動かせるのが大きい。もちろん、相手もそうなのだが