Desperate Measures! その2-戦車で悩む

 さて、Flames of Warの編成は、HQ1とCombat Platoon2が必須で、後は編成表にあるものを入れていくという、どこかのGWゲーが懐かしくなるやり方です。
 実際には、自分の中隊からの支援兵力や、大隊、連隊レベルの支援火力、同盟軍の部隊だとかを呼んでくるイメージでしょうか。

 前にも書いたように、かの『ソ連人民最大の敵』ことルーデルを編入できる編成は二つ。戦車戦闘団と、装甲擲弾兵戦闘団です。
 出来ることなら、そのどちらでもプレイできるようにしておきたいところなのですが、その場合主力戦車をどうするかが悩み所です。

 というのも、この戦車戦闘団の編成表だと、必須のCombat Platoonに編入できる戦車は以下のようになります。

  • Panther G
  • Jagdpanther
  • PanzerIV J
  • JapgpanzerIV
  • IV/70(A)
  • IV/70(V)
  • StuG G
  • Hetzer

 この中で、回転砲塔を持つ戦車はIV号とV号(Panther)のみ。他は全て固定砲です。
 駆逐戦車はドイツの特徴でもありますし、戦車が足りない戦線で駆逐戦車を戦車として使うしかないというのも、戦況を考えればいたしかたないところでしょう。
 実戦でもゲームでも砲塔を回転できないというのは不利な要素ではありますが、そこは移動に注意することでなんとか運用できるかと思います。1

 この中で、IV号戦車と、IV号駆逐戦車、III突G、ヘッツァー、がほぼ同じポイント帯、IV/70(A)、IV/70(V)がその1.5倍程度、V号が2倍、Jagdpantherが2.5倍となっています。

 まず、Jagdpantherは論外ですね。主力として使うにはポイントが重すぎで、8.8cmの火力も過剰です。こういうのは主力ではなく助っ人として呼びたいです。

 IV号はまさにワークホースですが、ゲーム的にヘッツァーより低い正面装甲はいかにも頼りないところ。
 IV号駆逐戦車とIII突Gはゲーム的には同じ能力で、IV号よりわずかにポイントが高く、正面装甲が厚くなっています。
 これらを使う場合、数で押すやり方になるでしょうから、側面は少々弱くてもポイントが低いヘッツァーが適しているように思います。

 IV/70(A)、IV/70(V)は火力もあり、装甲もあるのですが、Slow Tankなのが残念なところ。他の2/3の速度というのをどう考えるかですが、個人的にはスピードは重視したいです。

 というようなことを考えると、ポイントも高いけれど火力も装甲も充分なV号戦車か、ポイントの安さを生かして数で押せるヘッツァーのどちらかかなと。

 うーむ……。悩みます。
 そんなわけで、次は、目標となる1500ptsの編成をヘッツァーとV号で両方考えてみて比較してみようと思います。

 そういえば、V号とヘッツァーに関しては、ドイツの戦車博物館で、過去に実物を見てきました。

 その時に撮影したヘッツァー
Hetzer2008
 V号戦車
Panther2008

 ゲームから離れて、実際にどちらに乗って戦場にいきたいかと言われたら、V号ですかねえw

関連記事

TORG&PARANOIA いやあ、いい時代になりました……。 そろそろ公開して良くなったので、告知しておきます。『トーグ』の再翻訳と出版が決りました。翻訳も終わって、調整に入ったところです。 #torg #trpg — 山北篤 (@Gheser) 2014, 6月 23 新刊案内ってどう出すんじゃろって...
13th Age その1  13th Age in Gloranthaのプロジェクトが発表されたことは先に書きましたが、そもそも『13th Age』とはなんなのか。  何回かにわけて、書いていきたいと思います。 まずは情報収集  13th Ageがどんなゲームなのかということを、ネットで検索してみると……。...
Glorantha:The Gods War  現在アメリカでは、GenCon2開催中なので、新作の発表やら現在進行中のゲームのプレイテストやら、色々と情報が飛び交っている状況です。  TRPGやミニチュアゲームやボードゲームも含めた趣味人は、同じく開催中のコミケとあわせて、わーっと...
I am Alpharius  すっかりブログも放置してしまいした。  最近はなにをしていたかというと……。  こんなものを塗っていました。  GamesWorkshopのスペースマリーン30周年を記念した限定モデルです。  2016年の4月16、17日のみの販売(もしくは22,000円以上購入した場合に...

  1. この手のゲームでは神の視点で動かせるのが大きい。もちろん、相手もそうなのだが 

  2. アメリカ最大級のテーブルトップゲームのコンベンション