13th Age その1

 13th Age in Gloranthaのプロジェクトが発表されたことは先に書きましたが、そもそも『13th Age』とはなんなのか。
 何回かにわけて、書いていきたいと思います。

13th Ageロゴ

まずは情報収集

 13th Ageがどんなゲームなのかということを、ネットで検索してみると……。

 D&D3版のデザイナーと4版のデザイナーの二人がつくったd20系のルールで、D&D3系と4系、それにストーリーテリングゲームの融合を目指したゲームの模様です。
 レビューを見ていると、4版の魂の継承者だとか言っているものもあったりして、このあたり、D&D Nextとの比較なんかも色々あるのかもしれません。

 いずれにしても正式な出版は2013年の夏(Pelgrane Pressが出版)だったようですから、比較的新しいシステムと言えましょう。
 D&Dに慣れていた人には入りやすいシステムなのかもしれません。

ルールだけなら無料で入手可能

 さて、13th Ageは、Open Game Licenseの下に発行されています。そのため、ルールの基本的な部分は無料で入手可能です。

13th Age SRD
Pelgrane Press(Word、項目分割PDF)
EN World(Web上)
DriveThruRPG(一括PDF)

 このシステムリファレンスドキュメント(SRD)というのは味も素っ気もない、本当にルールだけを書いたものなので、販売されているルールブックのようにレイアウトが綺麗だったり、世界に入り込みやすく設計されているわけでもありませんが、どんなものかはわかると思います。

 製品版のCore Bookが320ページで、このSRDが240ページですから、ゲームに必要なことはSRDに充分載っていると思われます。
 Word形式とかがあるのは色々と便利ですね。

出版展開

 出版物としては、

  • 13th Age Core Book(基本ルール)
  • 13thage_core_cover

  • 13th Age Bestiary(モンスター本)
  • 13thage_bestiary_cover

  • 13 True Ways(新クラスなどのエクスパンション)
  • 13TrueWays_cover

  • Shadows of Eldolan(シナリオ本)
  • Shadows_of_Eldolan_cover

  • The Book of Loot(アイテム本)
  • Book_of_Loot_cover

 というのが現在のラインナップの模様。

 ただし、シナリオ本とアイテム本については現状ではプレオーダーと思われます。1
 また、基本ルールブックとモンスター本以外は、実本を注文するとPDFもついてくるという状況で、PDF単体での販売はされていません。
 日本に住む人間としては、PDF単体での販売も早めにしてほしいところですね。

 私はSRDをちょっと見た後、やっぱり製品版も見てみたいなとDrivethruRPGでPDF版を買ってしまいました。
 これからざっと読んでみようと思っております。


  1. ただし、本を注文すればPDFが手に入るので、内容は完成済みのはず