13th Age in Glorantha

13th age in glorantha
 グローランサ公式にて、表題の通りのプロジェクトの発表がなされていました。

 これは、13th Ageというゲームシステムにてグローランサを舞台にして遊ぶためのサプリメントで、このサプリメントを出すために、クラウドファンディングサイトのKickstarterで今月27日から出資を募りますよ、というのが告知の趣旨のようです。

 詳細については文字通り、13th Age in Gloranthaというサイトにて書かれているようですが、私が13th Ageのシステムにうといこともあり、よくわからない部分もあります。

 ざっと見てみたところ、グローランサの中でもドラゴンパス1での冒険を行うことを想定しているようではあります。
 いずれにしても、月末から始まるkickstarterでうまく出資が集まれば、新たなシステムでグローランサを遊べるようになりそうです。
 来年か、再来年には。2

関連記事

ワセト王朝  現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。  まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要  ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。  大いなる眠りにつく以前からの同...
TORG&PARANOIA いやあ、いい時代になりました……。 そろそろ公開して良くなったので、告知しておきます。『トーグ』の再翻訳と出版が決りました。翻訳も終わって、調整に入ったところです。 #torg #trpg — 山北篤 (@Gheser) 2014, 6月 23 新刊案内ってどう出すんじゃろって...
13th Age その2  13th AgeのCoreルールをざっと読んだので、その内容について。 これは、英雄の物語である。  13th Ageを用いて行われるキャンペーンにつくであろう煽り文を考えてみれば、このようになることでしょう。  13th Ageは、d20系のレベル・クラス制のシステムですが、レ...
Bridge At Remagen  Flames of Warのインテリジェンスブック、Bridge At Remagenがしばらく前に届いていたので、載っている米独両軍のアーミーについて書いておこうと思います。    タイトルとしては、ライン川にかかるルーデンドルフ鉄橋 ((レマーゲンとエルベルを結び、当時無傷で残...

  1. これまでもグローランサの中では最も頻繁に取り上げられてきた土地 

  2. 一応予定では来年6月発売ということになってますけどね…… 

13th Age in Glorantha” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 13th Age その1 | KUON

現在コメントは受け付けていません。