Shock up! (サンデーGXコミックス)

 

ブラックラグーンの広江礼威氏の作品。ブラックラグーンより前の作品である。

遺伝子操作で生み出された人造人間であるヒロインに出会う無気力気味な主人公。彼らを取り巻く世界は、ヒロインを追い詰める暗い部分を持ってもいるし、友人たちが見せる優しい面も持っている。そんな世界で、彼らが生きていくお話。

一読して、思ったのは、『もったいないなあ』ということ。

フォーマットとしては王道。ヒロインが変身できたりするのでアクションも出来れば、学校の日常も描きようがあったろう。

友情にしても陰謀にしても、いろいろな話の広げ方はあったのだろうけれど、打ち切りになった作品の常で、広げられずにおわった風呂敷が残ってしまっている艦が否めない。

大風呂敷を閉じ損ねた作品もさびしいけれど、これから広がるぞ! という時に、広げられもせずにおわった作品はなおさびしい。面白くなりそうであるが故に。

実際には読み切りから連載へ、雑誌が無くなって復活するも打ち切り……とかなり翻弄されつつの作品ではあったようだ。しかし、これを乗り越えてブラックラグーンを作り上げたと作者も言っているように、作者の糧となったのなら、それもまたよしと言えるかもしれない。

とはいえ、そういった部分に目をつぶれば、基本的にキャラクターも感情移入しやすいし、展開もそれなりにスピーディでだれたりもしない。個人的にはかなり好きな作品。

 

「一佐、自分はああいうガキ嫌いじゃないっスよ」

「うるせぇ。黙って運転しろ武久一曹。てめえに言われんでもわかってる」

 

それにしても、主人公が『陸奥長門』ってすごい豪勢な名前だよね。

 

関連記事

国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ 国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ    昨日、6月20日発売の富士見ファンタジア文庫の新刊。 これより――世界を殺すお手伝いをいたします 一言で言うなら、王道を煮詰めた作品。 故国のために人質となって他国に出た貴種が、故国で心を交わした友に命を狙われ、理不尽に...
棺姫のチャイカI 棺姫のチャイカI アニメも一期の放映が終了したということで、原作小説のレビューなどを。 『棺姫のチャイカ』は、富士見ファンタジア文庫から、2014年6月現在、九巻まで発刊済み。著者はベテランかつ多作な榊一郎である。 本巻はシリーズの開幕編となる。 アニメでは1話2...
2015年9月に読んだ本と短文感想  まずは「かみあり」  実際に神々が顕現する出雲における神在月の風景を描いたシリーズなのだけれど、とても好き。空気が優しいのだよね。(迷惑な神様もいるんだけど)  4巻まで購入していたのだが、6巻まで出ているのを見つけて買い足した。  ユニコーンが悪魔の慈悲によって全滅(死...
FUTRE is WILD ドゥーガル・ディクソンといえば、『アフターマン』、『マンアフターマン』と秀逸なSF──未来生物図鑑──をものした人物であるが、このフューチャー・イズ・ワイルドもまたその系譜につながる架空の未来を描いた作品である。 魚が空を飛んだ理由 『マンアフターマン』が、人類が滅びていく(ある...