2015年8月に読んだ本と短文感想

 スレイヤーズの全巻セットをkindleで購入したので、徐々に読み進めている。
 するすると読めるのはさすがの一言。



 スレイヤーズを読み始めた流れで、マギウスのリプレイを。
 ナーガがいっぱいというのは、実に悪夢。




 なんというか、ここまでしっかりハーレムやろうとしてる作品も珍しいよなあ。
 それにしても光先輩はもう手遅れだな……。




 たがみよしひさの虚無感ただようエンドが好き。




 ゼロの使い魔の続刊決定の報を知って、これも読み返している。
 時代を作った作品だなあと改めて思う。



 面白い。
 ただ、ヒロインのキャラクター的には、依頼者にはちゃんと対価を払わせるべきだと思ったなあ。



 アニメが始まったので、読み直してみた。
 こんなディストピアいやだよなあ。










関連記事

棺姫のチャイカI 棺姫のチャイカI アニメも一期の放映が終了したということで、原作小説のレビューなどを。 『棺姫のチャイカ』は、富士見ファンタジア文庫から、2014年6月現在、九巻まで発刊済み。著者はベテランかつ多作な榊一郎である。 本巻はシリーズの開幕編となる。 アニメでは1話2...
不死の猟犬1 不死の猟犬 1    一度死ねば、病気も怪我も治って復活する人類が生きる世界で、『復活しない』病気を感染させる感染源を守る女性のお話。なぜかその活動時はセーラー服だが、普段は社会人をやっていて、お酒もたしなむ。(酔うと周りが見えなくなるが) お前らみたいに、ピストル自殺で、...
国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ 国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ    昨日、6月20日発売の富士見ファンタジア文庫の新刊。 これより――世界を殺すお手伝いをいたします 一言で言うなら、王道を煮詰めた作品。 故国のために人質となって他国に出た貴種が、故国で心を交わした友に命を狙われ、理不尽に...
SHOOK UP!   ブラックラグーンの広江礼威氏の作品。ブラックラグーンより前の作品である。 遺伝子操作で生み出された人造人間であるヒロインに出会う無気力気味な主人公。彼らを取り巻く世界は、ヒロインを追い詰める暗い部分を持ってもいるし、友人たちが見せる優しい面も持っている。そんな世界で...