2015年8月に読んだ本と短文感想

 スレイヤーズの全巻セットをkindleで購入したので、徐々に読み進めている。
 するすると読めるのはさすがの一言。



 スレイヤーズを読み始めた流れで、マギウスのリプレイを。
 ナーガがいっぱいというのは、実に悪夢。




 なんというか、ここまでしっかりハーレムやろうとしてる作品も珍しいよなあ。
 それにしても光先輩はもう手遅れだな……。




 たがみよしひさの虚無感ただようエンドが好き。




 ゼロの使い魔の続刊決定の報を知って、これも読み返している。
 時代を作った作品だなあと改めて思う。



 面白い。
 ただ、ヒロインのキャラクター的には、依頼者にはちゃんと対価を払わせるべきだと思ったなあ。



 アニメが始まったので、読み直してみた。
 こんなディストピアいやだよなあ。










関連記事

2015年9月に読んだ本と短文感想  まずは「かみあり」  実際に神々が顕現する出雲における神在月の風景を描いたシリーズなのだけれど、とても好き。空気が優しいのだよね。(迷惑な神様もいるんだけど)  4巻まで購入していたのだが、6巻まで出ているのを見つけて買い足した。  ユニコーンが悪魔の慈悲によって全滅(死...
2015年6月に読んだ本と短文感想  ネットゲーム世界に意識どころか体ごとトリップするというコミック作品。  驚くべきは、これが80年代に刊行されていたホビーズジャンプに連載されていたこと。  作中では音声カプラを使用してネットにつないでいる!(回線速度遅いだろうなあ……)  時代を先取りしすぎである。  ドラゴン...
SHOOK UP!   ブラックラグーンの広江礼威氏の作品。ブラックラグーンより前の作品である。 遺伝子操作で生み出された人造人間であるヒロインに出会う無気力気味な主人公。彼らを取り巻く世界は、ヒロインを追い詰める暗い部分を持ってもいるし、友人たちが見せる優しい面も持っている。そんな世界で...
2016年5月に読んだ本と短文感想 一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。 ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。 それら2作を知っ...