2015年7月に読んだ本と短文感想


 アニメもはじまったということで、積んであったのを崩してみた。
 実に面白くて、すぐに読んでしまった。積むんじゃなかったなw
 ただ、続刊の数を見ると、この緊迫感でシリーズ続けるのか……と胃が痛くなるw



 ひとまず通読。
 まだまだ理解が追い付いていない部分があるので、関連書籍なども読んでから、また読み直したいと思う。
『全知全能であるはずの神がつくりたもうた世界であるというのに、なぜ悪が存在し、こんなにも不完全なのか』という問いから作り上げられた世界観はなかなか興味深い。



 久々の再読。
 SF界における『ホーンブロワーもの』というのはいくつかあるが、このシーフォートシリーズやオナー・ハリントンシリーズは代表格だけあって、さすがに面白い。
 それだけに、作者のファインタック氏がすでに亡くなられているのが惜しい。非常に残念。



 アニメでも原作でもほとんど本音を漏らさない貴重なニンジャの独白のある作品。



 どんどんソマリ人に染まっていく著者が面白い



 アニメもはじまったので再読。 ある意味ひどい勘違いものだよね


 アニメは3巻あたりまでかなあ?

 リザードマン(蜥蜴人)というよりは、ゲーターマン(鰐人)だと思うんだ。






 オーバーロードのアニメはかなり丁寧に作っていて、なかなか面白い。
 ギャグと残虐さのバランスを絵的に取るのは難しいだろうに頑張っていると思う。



 


 文庫とシリーズ物は出来るだけkindle本にするようにしている。
 収納場所がきついのと、前の巻、次の巻を探せるのが便利なのだ。

関連記事

国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ 国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ    昨日、6月20日発売の富士見ファンタジア文庫の新刊。 これより――世界を殺すお手伝いをいたします 一言で言うなら、王道を煮詰めた作品。 故国のために人質となって他国に出た貴種が、故国で心を交わした友に命を狙われ、理不尽に...
2016年5月に読んだ本と短文感想 一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。 ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。 それら2作を知っ...
2015年8月に読んだ本と短文感想  スレイヤーズの全巻セットをkindleで購入したので、徐々に読み進めている。  するすると読めるのはさすがの一言。  スレイヤーズを読み始めた流れで、マギウスのリプレイを。  ナーガがいっぱいというのは、実に悪夢。  なんというか...
不死の猟犬1 不死の猟犬 1    一度死ねば、病気も怪我も治って復活する人類が生きる世界で、『復活しない』病気を感染させる感染源を守る女性のお話。なぜかその活動時はセーラー服だが、普段は社会人をやっていて、お酒もたしなむ。(酔うと周りが見えなくなるが) お前らみたいに、ピストル自殺で、...