アニメもはじまったということで、積んであったのを崩してみた。
 実に面白くて、すぐに読んでしまった。積むんじゃなかったなw
 ただ、続刊の数を見ると、この緊迫感でシリーズ続けるのか……と胃が痛くなるw



 ひとまず通読。
 まだまだ理解が追い付いていない部分があるので、関連書籍なども読んでから、また読み直したいと思う。
『全知全能であるはずの神がつくりたもうた世界であるというのに、なぜ悪が存在し、こんなにも不完全なのか』という問いから作り上げられた世界観はなかなか興味深い。



 久々の再読。
 SF界における『ホーンブロワーもの』というのはいくつかあるが、このシーフォートシリーズやオナー・ハリントンシリーズは代表格だけあって、さすがに面白い。
 それだけに、作者のファインタック氏がすでに亡くなられているのが惜しい。非常に残念。



 アニメでも原作でもほとんど本音を漏らさない貴重なニンジャの独白のある作品。



 どんどんソマリ人に染まっていく著者が面白い



 アニメもはじまったので再読。 ある意味ひどい勘違いものだよね


 アニメは3巻あたりまでかなあ?

 リザードマン(蜥蜴人)というよりは、ゲーターマン(鰐人)だと思うんだ。






 オーバーロードのアニメはかなり丁寧に作っていて、なかなか面白い。
 ギャグと残虐さのバランスを絵的に取るのは難しいだろうに頑張っていると思う。



 


 文庫とシリーズ物は出来るだけkindle本にするようにしている。
 収納場所がきついのと、前の巻、次の巻を探せるのが便利なのだ。

関連記事

2015年5月に読んだ本と短文感想  読書メーターにメモしておいて、後でブログにまとめるという試み。  アニメを観て、まとめ買い。  やっぱり、こう内藤泰弘の描くごちゃごちゃ感はいいね。  チャイカも完結。  まさか話が終わってからヒロインが増えるとは思わなかったw  ファンタジー世界の騎士団...
2015年6月に読んだ本と短文感想  ネットゲーム世界に意識どころか体ごとトリップするというコミック作品。  驚くべきは、これが80年代に刊行されていたホビーズジャンプに連載されていたこと。  作中では音声カプラを使用してネットにつないでいる!(回線速度遅いだろうなあ……)  時代を先取りしすぎである。  ドラゴン...
棺姫のチャイカI 棺姫のチャイカI アニメも一期の放映が終了したということで、原作小説のレビューなどを。 『棺姫のチャイカ』は、富士見ファンタジア文庫から、2014年6月現在、九巻まで発刊済み。著者はベテランかつ多作な榊一郎である。 本巻はシリーズの開幕編となる。 アニメでは1話2...
2016年5月に読んだ本と短文感想 一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。 ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。 それら2作を...