2015年6月に読んだ本と短文感想


 ネットゲーム世界に意識どころか体ごとトリップするというコミック作品。
 驚くべきは、これが80年代に刊行されていたホビーズジャンプに連載されていたこと。
 作中では音声カプラを使用してネットにつないでいる!(回線速度遅いだろうなあ……)
 時代を先取りしすぎである。



 ドラゴンなニンジャが強い。
 これだけ無双できる主人公って結構珍しいよね。




 グロも怖さもあるけどそれだけじゃない不思議な漫画。
 もっと続いてくれてもよかったとも思うけど……。そう思うくらいがいいのかも。




 面白いのだけれど、もう少しさくさく進んでくれてもいいかなあと思う。
 一方で、戦記物で急ぎすぎるのもあんまりよくない気がするので、そのあたり調整が難しいのだろうなあ。



 この作品だけで考えると、尻切れとんぼという感が否めないが、そのあたりは続刊で明かされるのだろうという期待が持てる良作。
 さくさく読めるのは素晴らしい。




 以前から気になっていた百年戦争漫画をkindleのセールの時にまとめ買い。
 期待通りの出来で大満足。娼婦を連れた傭兵団をちゃんと描くとか、素晴らしいことである。
 最近は、これと『乙女戦争』がお気に入りである。






関連記事

SHOOK UP!   ブラックラグーンの広江礼威氏の作品。ブラックラグーンより前の作品である。 遺伝子操作で生み出された人造人間であるヒロインに出会う無気力気味な主人公。彼らを取り巻く世界は、ヒロインを追い詰める暗い部分を持ってもいるし、友人たちが見せる優しい面も持っている。そんな世界で...
2015年7月に読んだ本と短文感想  アニメもはじまったということで、積んであったのを崩してみた。  実に面白くて、すぐに読んでしまった。積むんじゃなかったなw  ただ、続刊の数を見ると、この緊迫感でシリーズ続けるのか……と胃が痛くなるw  ひとまず通読。  まだまだ理解が追い付いていない部分があるので、関連書籍な...
2015年5月に読んだ本と短文感想  読書メーターにメモしておいて、後でブログにまとめるという試み。  アニメを観て、まとめ買い。  やっぱり、こう内藤泰弘の描くごちゃごちゃ感はいいね。  チャイカも完結。  まさか話が終わってからヒロインが増えるとは思わなかったw  ファンタジー世界の騎士団...
国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ 国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ    昨日、6月20日発売の富士見ファンタジア文庫の新刊。 これより――世界を殺すお手伝いをいたします 一言で言うなら、王道を煮詰めた作品。 故国のために人質となって他国に出た貴種が、故国で心を交わした友に命を狙われ、理不尽に...