読書メーターにメモしておいて、後でブログにまとめるという試み。


 アニメを観て、まとめ買い。
 やっぱり、こう内藤泰弘の描くごちゃごちゃ感はいいね。




 チャイカも完結。
 まさか話が終わってからヒロインが増えるとは思わなかったw



 ファンタジー世界の騎士団が、その世界の百年前にタイムスリップという、なかなか無い設定に惹かれて読み始めた。

 ただし、1巻の段階ではこの時代での足場確保という部分が強く、時間を遡ることに対しての効果というのはまだまだ生じていない印象。
 そのあたり、個人ではなく元々結束している集団が時間遡航したという状況ならではかもしれない。 集団だと衣食住確保するだけで大変だからなあ。

 いずれにせよ、騎士団が守るべき場所はできたので、今後シリーズが続いていく中で時間遡航に伴う事態が生じてくるのだろうと期待している。




 3巻中、ずっと船酔いしてたヒロインがいるw



 相変わらず面白い。
 ただ、満を持して登場のフレイヤ・ファミリアのレベル6勢がいまひとつ小物臭いのが残念。
 むしろ、フレイヤとオッタルの存在感がありすぎるのかもしれない。

 こちらは4月に読んだ本だけれど、せっかくなので。


 本編はあくまでヘスティア神のファミリアにより紡がれる物語だということで、このお話は外伝という位置づけ。
 ただ、そういう位置づけでありながら、ダンジョンのそもそもの位置づけや世界の成り立ちなどはこちらで描かれてるところがあったりする。
 おかげで、外伝という単語のイメージとはちょっと違うかもしれない。

 補いあう両輪としての立ち位置がもっと周知されるべきかも。





だいたいがkindle。
電視書籍は場所を取らないから便利なんですよね……。

関連記事

2016年5月に読んだ本と短文感想 一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。 ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。 それら2作を...
国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ 国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ    昨日、6月20日発売の富士見ファンタジア文庫の新刊。 これより――世界を殺すお手伝いをいたします 一言で言うなら、王道を煮詰めた作品。 故国のために人質となって他国に出た貴種が、故国で心を交わした友に命を狙われ、理不尽に...
2015年6月に読んだ本と短文感想  ネットゲーム世界に意識どころか体ごとトリップするというコミック作品。  驚くべきは、これが80年代に刊行されていたホビーズジャンプに連載されていたこと。  作中では音声カプラを使用してネットにつないでいる!(回線速度遅いだろうなあ……)  時代を先取りしすぎである。  ドラゴン...
棺姫のチャイカI 棺姫のチャイカI アニメも一期の放映が終了したということで、原作小説のレビューなどを。 『棺姫のチャイカ』は、富士見ファンタジア文庫から、2014年6月現在、九巻まで発刊済み。著者はベテランかつ多作な榊一郎である。 本巻はシリーズの開幕編となる。 アニメでは1話2...