棺姫のチャイカI

棺姫のチャイカI[榊一郎]

棺姫のチャイカI (富士見ファンタジア文庫)

アニメも一期の放映が終了したということで、原作小説のレビューなどを。

『棺姫のチャイカ』は、富士見ファンタジア文庫から、2014年6月現在、九巻まで発刊済み。著者はベテランかつ多作な榊一郎である。

本巻はシリーズの開幕編となる。

アニメでは1話2話に相当する本巻であるが、ストーリーとしては、典型的なボーイ・ミーツ・ガールとなる。

戦場で戦うために小さな頃から修行を重ねて生きてきた青年が、長い戦国時代が終わってすっかりニートに。そんなところにあらわれた棺をかつぐ少女によって、彼の人生は再び彩りを取り戻していく……。

少女が『魔王』と呼ばれた人物の娘だったり、彼女が求めるのがその『魔王』の遺体だったりと、世界観的な広がりは色々とある。だが、結局の所、これはトールという青年が、再び立ち上がり、一歩を踏み出す物語だ。

アニメを見てからなおさらに思うが、アニメはチャイカの物語であり、原作となる小説はトールの物語なのだろう。

そうなったのは、ビジュアル的なものが押し出されるアニメという特性や、心理描写に分け入れる小説としての特性が故のものではないだろうか。

アニメでは省かれたが、小説では丁寧に描き出される部分、省いたが故に強調される部分。

アニメは観たものの原作を未読の人は、そのあたりを考えながら読むと、より面白く思えることだろう。

もちろん、アニメとは関係なく、ファンタジー小説としての出来もとてもよいものなので、オススメである。

 

なお、同作者の『スクラップド・プリンセス』を読んだ人は、あれ、なんか似てるなと思うかもしれない。これは、作者が「棄てプリのような作品をもう一度」と求められた結果であるようだ。

関連記事

萌え萌えクトゥルー神話事典 クトゥルー神話を、萌えイラストを交えて解説していくという、萌え本の一種。 しかし、考えてみて欲しい。 そもそも、クトゥルー神話に出てくる、クリーチャー/神性/あるいはおぞましいなにものかは、尋常な精神では正視に耐えうるものではない。 文章でもおぼろげに、読者の想像力に訴える...
FUTRE is WILD ドゥーガル・ディクソンといえば、『アフターマン』、『マンアフターマン』と秀逸なSF──未来生物図鑑──をものした人物であるが、このフューチャー・イズ・ワイルドもまたその系譜につながる架空の未来を描いた作品である。 魚が空を飛んだ理由 『マンアフターマン』が、人類が滅びていく(ある...
SHOOK UP!   ブラックラグーンの広江礼威氏の作品。ブラックラグーンより前の作品である。 遺伝子操作で生み出された人造人間であるヒロインに出会う無気力気味な主人公。彼らを取り巻く世界は、ヒロインを追い詰める暗い部分を持ってもいるし、友人たちが見せる優しい面も持っている。そんな世界で...
2016年5月に読んだ本と短文感想 一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。 ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。 それら2作を知っ...