えんため大賞ファミ通文庫部門・一次選考通過

 なんだかえらく久しぶりのブログです。

 それはともかく、前回の記事の『明日飛ぶ鳥』ですが、第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門の一次選考を通過しました。

第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門 一次選考通過作品

 この賞の場合、一次選考を通過しますと、評価シートがもらえますので、もし二次以降で落選した場合にもその評価を糧に新しい活動につなげられます。ですから、一次通過はありがたい限りです。

 上の選考結果のページにある通り、応募総数652作品中一次通過作品は199作品。約三割ですね。
 幸いにも拙作はその三割の中に入ったわけですが、三割通過の裏を返せば七割が選に漏れているわけで、やはりなかなか厳しいものですね。

 拙作についても、今後落選するかもしれませんけれど、それはそれとして、いまは一次通過を喜んでおります。

関連記事

二次選考はだめでした  以前にも書きましたえんため大賞ファミ通文庫部門への投稿についてですが、残念ながら二次選考は通過しませんでした。  いろいろと思うところはあるのですが、現在とても忙しくてあまりじっくり考えている暇がないので、まずはご報告まで。  また落ち着いたら、落選についての話やこの作品をどうするか書いて...
『好色皇子と三界の姫たち』一区切り...  小説家になろうに今年始めから投稿している、『好色皇子と三界の姫たち』が、最初の区切りを迎えました。  いつも読んでくださっている方々にお礼申し上げます。  読んでおられない方もちょうどいい分量溜まっておりますので、よろしければぜひご覧くださいませ。  さて、区切りといっても、実は第一部終...
明日飛ぶ鳥を小説家になろうに投稿しはじめました。... シルバーウィークということもあり、表題通り、小説家になろうに投稿しはじめました。 明日飛ぶ鳥 新人賞落選作ということもあり、長々と延ばさないで短期集中投下の予定です。 ただ、学園伝奇というジャンルはまたいつかチャレンジしてみたいと思っております。...
明日飛ぶ鳥  このところ、ブログを放置してなにをしていたのかというと、三界大戦記―好色皇子と三界の姫たち―を小説家になろうに投稿すると共に、公募の新人賞向けの原稿も書いていましたよ、という話。 明日飛ぶ鳥  本日、第17回エンターブレインえんため大賞ファミ通文庫部門に『明日飛ぶ鳥』という作品を応募し...

えんため大賞ファミ通文庫部門・一次選考通過」への1件のフィードバック

ただいまコメントは受け付けていません。