えんため大賞ファミ通文庫部門・一次選考通過

 なんだかえらく久しぶりのブログです。

 それはともかく、前回の記事の『明日飛ぶ鳥』ですが、第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門の一次選考を通過しました。

第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門 一次選考通過作品

 この賞の場合、一次選考を通過しますと、評価シートがもらえますので、もし二次以降で落選した場合にもその評価を糧に新しい活動につなげられます。ですから、一次通過はありがたい限りです。

 上の選考結果のページにある通り、応募総数652作品中一次通過作品は199作品。約三割ですね。
 幸いにも拙作はその三割の中に入ったわけですが、三割通過の裏を返せば七割が選に漏れているわけで、やはりなかなか厳しいものですね。

 拙作についても、今後落選するかもしれませんけれど、それはそれとして、いまは一次通過を喜んでおります。

関連記事

ドラゴンは六本脚  ドラゴン。  ファンタジー世界を代表するような幻想生物ですが、一般的な姿形は、四本脚に翼が二つでしょう。  そこで、考えたことありませんか?  ――こいつ、六肢だよな、って。  翼はたいていの場合、前肢が変化したものです。腕全体というより手の指が伸びて……という構造も多いですが、ど...
二つの急所 曹操注解 孫子の兵法 (朝日文庫)を読んでいる。 孫子の兵法そのものもそうだが、曹操が後漢末当時の常識に沿って、時にはかみ砕くようにして加えている注解が面白い。 孫子が生きていた当時の軍制の単位だとか馬車を用いた戦術だとかが、すでに三国時代にはあまり知られていないことがわかったりする。 ...
ハンドルネーム 現在は、ハンドル&ペンネームとして安里優(あさとゆう)というのを使っているわけだが、このハンドルを決める際には他にも二つほど候補があった。 雨戸槌(あまとつち) 有夜梨哉(ありやなしや) の二つだが、もちろんどれも言葉遊びだ。...
二次選考はだめでした  以前にも書きましたえんため大賞ファミ通文庫部門への投稿についてですが、残念ながら二次選考は通過しませんでした。  いろいろと思うところはあるのですが、現在とても忙しくてあまりじっくり考えている暇がないので、まずはご報告まで。  また落ち着いたら、落選についての話やこの作品をどうするか書いて...

えんため大賞ファミ通文庫部門・一次選考通過” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。