いま、メインで書いている小説は、ファンタジー世界での吸血鬼もの。

元々は、小説家になろうにでも投稿するかと書き始めていたものの、書いているうちに、これは新人賞に投稿した方がいいかも思い始めたものです。

そう思い始めたのは、考えているうちになろう向きとは言い難い題材になったというのもありますが、短く収まりそうだったというのもあります。(なろうはサイトの性質上、長く続くものがポイントがとりやすく、本一冊分とかを基準とした物語作りは向かないところがある)

そうはいっても、すぐには終わらないで四苦八苦しているのですが……。

でも、やっぱり小説書くの楽しいですねー。

うまく書き上がったら、(七月、八月は忙しいので)九月末〆切りの小学館ライトノベル大賞にでも投稿しようと思っています。

関連記事

ハンドルネーム 現在は、ハンドル&ペンネームとして安里優(あさとゆう)というのを使っているわけだが、このハンドルを決める際には他にも二つほど候補があった。 雨戸槌(あまとつち) 有夜梨哉(ありやなしや) の二つだが、もちろんどれも言葉遊びだ。...
更新再開とか、なろう掲載とか  このところ忙しかったので、Web小説やサイト更新については二ヶ月ほどお休みをいただいておりました。  ようやく時間が出来たので、これらの更新も再開予定です。 三界大戦記―好色皇子と三界の姫たち― 小説家になろうにて本日(8/28)より更新を再開しました。 今後はこれまで通り、火金の...
ドラゴンは六本脚  ドラゴン。  ファンタジー世界を代表するような幻想生物ですが、一般的な姿形は、四本脚に翼が二つでしょう。  そこで、考えたことありませんか?  ――こいつ、六肢だよな、って。  翼はたいていの場合、前肢が変化したものです。腕全体というより手の指が伸びて……という構造も多いですが、ど...
明日飛ぶ鳥  このところ、ブログを放置してなにをしていたのかというと、三界大戦記―好色皇子と三界の姫たち―を小説家になろうに投稿すると共に、公募の新人賞向けの原稿も書いていましたよ、という話。 明日飛ぶ鳥  本日、第17回エンターブレインえんため大賞ファミ通文庫部門に『明日飛ぶ鳥』という作品を応募し...