いま、メインで書いている小説は、ファンタジー世界での吸血鬼もの。

元々は、小説家になろうにでも投稿するかと書き始めていたものの、書いているうちに、これは新人賞に投稿した方がいいかも思い始めたものです。

そう思い始めたのは、考えているうちになろう向きとは言い難い題材になったというのもありますが、短く収まりそうだったというのもあります。(なろうはサイトの性質上、長く続くものがポイントがとりやすく、本一冊分とかを基準とした物語作りは向かないところがある)

そうはいっても、すぐには終わらないで四苦八苦しているのですが……。

でも、やっぱり小説書くの楽しいですねー。

うまく書き上がったら、(七月、八月は忙しいので)九月末〆切りの小学館ライトノベル大賞にでも投稿しようと思っています。

関連記事

VOICEROID 文章を書く上で誤字脱字は、避け得ない。行きつ戻りつ、よりよい表現はないかと書き直している内に余計ひどくなる。 とはいえ、出来ることなら無いほうがいい。心が燃え上がるような文章でも、誤字が一つあるだけで意気消沈する。素晴らしいシーンほど、力が抜ける。 さらに、誤字脱字しがちな部分というのは...
『好色皇子と三界の姫たち』一区切り...  小説家になろうに今年始めから投稿している、『好色皇子と三界の姫たち』が、最初の区切りを迎えました。  いつも読んでくださっている方々にお礼申し上げます。  読んでおられない方もちょうどいい分量溜まっておりますので、よろしければぜひご覧くださいませ。  さて、区切りといっても、実は第一部終...
ドラゴンは六本脚  ドラゴン。  ファンタジー世界を代表するような幻想生物ですが、一般的な姿形は、四本脚に翼が二つでしょう。  そこで、考えたことありませんか?  ――こいつ、六肢だよな、って。  翼はたいていの場合、前肢が変化したものです。腕全体というより手の指が伸びて……という構造も多いですが、ど...
えんため大賞ファミ通文庫部門・一次選考通過...  なんだかえらく久しぶりのブログです。  それはともかく、前回の記事の『明日飛ぶ鳥』ですが、第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門の一次選考を通過しました。 第17回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門 一次選考通過作品  この賞の場合、一次選考を通過しますと、評...