Bundle of HoldingでScion Bundleを買った

Bundle of HoldingでScionのBundleセールが行われていたので、購入。

Bundle of Holdingとは

 PDF形態の、TPRGのルールやサプリメントをセットにしてセールを行っているサイトです。
 といってもいつでもやっているわけでもなく、特定のセットを数日間セールしては、ちょっとお休み期間を挟んだりという感じ。

 現在は、Scionという現代ファンタジーもののバンドルセールが行われています。
 ティタン神族が永劫の戒めから逃れ、神々へ再び戦いを挑んだのをきっかけに、現実世界にも色々影響が出てしまいます。それに対して世界の神々1の子らである英雄たち(PC)が動き出す……というセッティングのTRPGです。
 以前はヴァンパイア・ザ・マスカレードなどで有名なWhite Wolf Publishingから出ていたのですが、ヴァンパイアなどのシリーズと一緒に、現在ではOnyx Path Publishingが出しています。2

 神の子なので、成長するとまさに神になっていく、まあ、普通のRPGではNPCかラスボスだよねという位置のキャラを動かせるゲームのようで、以前から興味があったので、購入した次第。

サイトを見てみる

 Bundle of holdingというサイトも、以前から知ってはいたのですが、いまひとつ仕組みを理解しておらず、購入にまでは至っていなかったのです。
 せっかくなので、しっかり読んで購入してみました。

1.Starter

 サイトにアクセすると、まずこういう画面が出てきます。3
Bundle_of_holding_top
 スクロールすると、この下に文章で説明があるのですが、どのバンドルでも、まず最低額が決められています。
 今回ならば、9.95ドル払えば、基本ルールブックであるScion:Heroと新パンテオンや敵や同盟者の載ったサプリメントScion Companionが入手できるようです。
 通常はあわせて36ドルするようなので、この時点で結構お得ですね。ゲームをやるだけならこれでも充分でしょうし、気に入ったら買い足すよって人もこれを選んでもいいと思います。

 しかし、上記画像の右側を見てもらえばわかるとおり、もう一段上のセットが設定されています。

2.Level Up

 今回ならば、スターターセットに加え、三冊のルールセットの残り二つ、Scion:DemigodとScion:God、さらにラグナロクの戦いのキャンペーンを描いたサプリメントScion:Ragnarökがついてきます。4
 スターターセットと併せて本来は94ドルもするこれらの本を手に入れるには、その時点での平均以上の金額を支払う必要があります。
BoH02
 サイトの下部にあるこの画像は、その時点での購入者数と全支払い金額、平均支払い金額を示してます。そして、この金額以上を出せば、第二段階までの本を手に入れられるわけです。
 このスクリーンショットを撮った時点なら、22ドルほどを支払えばいいわけです。

 ここが最初はわかりにくいところで、なにしろ平均値なので刻々と動くのですね。平均より高めに入れる人が多くなればもちろん上がっていきますし、スターターだけでいいやという人が増えれば下がります。

 ただ、時間経過と共に下がるということはあまりなさそうな予感があります。

 というのは、このスクリーンショットを撮った時点でも、レベルアップ後のバンドルにはSeeds of Tomorrowというサプリメントが追加されていたように、後から何個かのアイテムが追加されるのが通例のようだからです。
 お得度合いが増していくわけですから、レベルアップする人ばかりですよね、たいていは。5

 なお、これらの追加アイテムは、それ以前に平均以上の支払いをした人にも入手出来るようになっているので早めに買った人も安心です。

買ってみた

 私自身は、ルール三種とも欲しかったので、平均以上支払いました。まあ、二千数百円で、一万円分のPDFが手に入るならお得です。

 Paypalで支払い、メールを受け取り、ダウンロード場所を指定される感じです。
 今回はDriveThruRPG6との提携らしく、DriveThruRPGでのダウンロードになってました。
 無事ダウンロードして、ちまちま読んでいます。PDFだとすぐに手に入るのがいいですね。場所も取りませんし。

 どうせ実際にゲームすることがあってもこういった未訳RPGの場合、本を参考にすると言うより有志の翻訳サマリー便りが多いですからねー。

 余談ですが、最近は海外TRPGでも、出版社によってはPDFのみならずePub形式やKindleのmobi形式をそろえていたりします。電子書籍展開も本気で見据えてやってるのでしょうなあ。


  1. ギリシャだけではなくいくつかの神々の集団(パンテオン)があります 

  2. Onyx Path自体が、White Wolf出身の人間がつくった会社なので、部門が変わっただけみたいな感じはします 

  3. 以前はちょっと違いました。最近、スマホなど対応のいわゆるレスポンシブデザインにリニューアルした模様 

  4. これを書いている時点では、Seeds of Tomorrowというサプリメントがさらに追加されていた 

  5. 極端に平均値が上がっていたりしたら別でしょうけど 

  6. 海外のTRPG販売サイト。PDFも実本も扱っているが、日本から利用するならPDF販売が楽