D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、

D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。
『D&D NEXT』に関する重要なお知らせ(ホビージャパン)

ということらしいので、日本では新和、メディアワークス、ホビージャパンと展開されてきた翻訳版D&Dの次は出ないことになるようですね。
なんとなんと驚きですね。

まあ、なんだかんだ言って、英語圏での定着を見て、英語版発売から一定期間置いて(一年遅れとかで)翻訳出すようにするとかってパターンもあり得るので、長い目で見ておくのがいいんでしょうけど。

関連記事

Bridge At Remagen  Flames of Warのインテリジェンスブック、Bridge At Remagenがしばらく前に届いていたので、載っている米独両軍のアーミーについて書いておこうと思います。    タイトルとしては、ライン川にかかるルーデンドルフ鉄橋 ((レマーゲンとエルベルを結び、当時無傷で残...
Iron Hands Lgeion Dreadnought Only Army 40Kを始めてから、一度は作ってみたかった、「ドレッドノートだけのアーミー」を作ってます。 現実的にはトループにドレッドノートが入ることはそこまで難しくなくとも、HQにドレッドノートが入るというのはなかなか難しく、40Kのブラッドエンジェルスか、Horus Heresyのサラマンダーズくらいしかあ...
大逆の時来たり  ミニチュアゲーム業界で、最近噂になっていた、Warhammer30Kことホルスの大逆時代を扱ったゲーム、「The Horus Heresy: Betrayal at Calth」の予約がついに始まりましたね。 画像は、ゲームズワークショップ公式サイトから引用  発売は来週14日らし...
ワセト王朝 現在制作中の、ネクロンアーミーは、ワセト王朝という名前のネクロン王朝の軍ということにしています。 まずは、ワセト王朝とはどんな王朝かについて。 概要 一般的に知られる概要 ワセト王朝(Waset Dynasty)は、ソーテク王朝の従属王朝である。 大いなる眠りにつく以前からの同盟相手であり、ごく早...