D&Dの次のバージョン、D&D NEXTについては、

D&Dの版元でありますWizards社が、『D&D NEXT』については英語版のみを販売し、翻訳版のライセンスは発行しないという決定をしました。これには日本に限らず、英語圏以外の全ての地域が含まれております。
『D&D NEXT』に関する重要なお知らせ(ホビージャパン)

ということらしいので、日本では新和、メディアワークス、ホビージャパンと展開されてきた翻訳版D&Dの次は出ないことになるようですね。
なんとなんと驚きですね。

まあ、なんだかんだ言って、英語圏での定着を見て、英語版発売から一定期間置いて(一年遅れとかで)翻訳出すようにするとかってパターンもあり得るので、長い目で見ておくのがいいんでしょうけど。

関連記事

I am Alpharius  すっかりブログも放置してしまいした。  最近はなにをしていたかというと……。  こんなものを塗っていました。  GamesWorkshopのスペースマリーン30周年を記念した限定モデルです。  2016年の4月16、17日のみの販売(もしくは22,000円以上購入した場合に...
TORG&PARANOIA いやあ、いい時代になりました……。 そろそろ公開して良くなったので、告知しておきます。『トーグ』の再翻訳と出版が決りました。翻訳も終わって、調整に入ったところです。 #torg #trpg — 山北篤 (@Gheser) 2014, 6月 23 新刊案内ってどう出すんじゃろって...
新製品が続々と Horus Heresy Weekender https://www.warhammer-community.com/2017/02/04/warhammmer-community-team-liveblog/ この週末に、Horus Heresy weekenderなるイベントが開催されて...
Bridge At Remagen  Flames of Warのインテリジェンスブック、Bridge At Remagenがしばらく前に届いていたので、載っている米独両軍のアーミーについて書いておこうと思います。    タイトルとしては、ライン川にかかるルーデンドルフ鉄橋 ((レマーゲンとエルベルを結び、当時無傷で残...