2016年5月に読んだ本と短文感想


一番最初に出た版の書籍を持っているが、電子版になって手に取りやすくなったこともあり、再読。
ウィザードリィ世界を見事に小説に落とし込んでいるのはさすがの一言である。


「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」の間に発表された作品で、2作のはるか昔の話になる。
それら2作を知っているとより楽しめる中編。
ただ、エルフって性格悪いなーという印象になってしまうのはしかたないところか。

続きを読む

2015年9月に読んだ本と短文感想

 まずは「かみあり」
 実際に神々が顕現する出雲における神在月の風景を描いたシリーズなのだけれど、とても好き。空気が優しいのだよね。(迷惑な神様もいるんだけど)
 4巻まで購入していたのだが、6巻まで出ているのを見つけて買い足した。






 ユニコーンが悪魔の慈悲によって全滅(死んでるわけではないが)するの巻w

 ハロウィンは大ネタということもあり、続くことに。
 それにしても、旧暦とまたがっているとはいえ、神在月とんでもなく長いw


続きを読む

2015年8月に読んだ本と短文感想

 スレイヤーズの全巻セットをkindleで購入したので、徐々に読み進めている。
 するすると読めるのはさすがの一言。

 続きを読む

2015年7月に読んだ本と短文感想


 アニメもはじまったということで、積んであったのを崩してみた。
 実に面白くて、すぐに読んでしまった。積むんじゃなかったなw
 ただ、続刊の数を見ると、この緊迫感でシリーズ続けるのか……と胃が痛くなるw
続きを読む

2015年6月に読んだ本と短文感想


 ネットゲーム世界に意識どころか体ごとトリップするというコミック作品。
 驚くべきは、これが80年代に刊行されていたホビーズジャンプに連載されていたこと。
 作中では音声カプラを使用してネットにつないでいる!(回線速度遅いだろうなあ……)
 時代を先取りしすぎである。
続きを読む

不死の猟犬1

不死の猟犬 1  [八十八良]

不死の猟犬 1巻 (ビームコミックス)
 

一度死ねば、病気も怪我も治って復活する人類が生きる世界で、『復活しない』病気を感染させる感染源を守る女性のお話。なぜかその活動時はセーラー服だが、普段は社会人をやっていて、お酒もたしなむ。(酔うと周りが見えなくなるが)

お前らみたいに、ピストル自殺で、はい元通り! とはいかねぇんだよ。病院どころか風邪薬すらない。たかが肺炎や怪我ですら命取りだ。

1巻なので、まだまだわかっていないことも多いが、確実にわかるのは、この世界はおかしいということ。 続きを読む?